マイケル・ジャクソン Black or White

PV無料視聴/PV動画試聴サイト Music Video Clipマイケル・ジャクソン Black or White
PV無料視聴/PV動画試聴サイト Music Video Clip Top >> スポンサー広告 >> マイケル・ジャクソン Black or WhitePV無料視聴/PV動画試聴サイト Music Video Clip Top >> マイケル・ジャクソン(Michael Jackson) >> マイケル・ジャクソン Black or White
浜崎あゆみ End of the World
浜崎あゆみ UNITE!
浜崎あゆみ Mirrorcle World
浜崎あゆみ Duty
浜崎あゆみ Real me
浜崎あゆみ Bold & Delicious
浜崎あゆみ My All
浜崎あゆみ kiss o' kill
浜崎あゆみ GREEN
浜崎あゆみ DAYS
浜崎あゆみ RULE
浜崎あゆみ SPARKLE
浜崎あゆみ Curtain call
浜崎あゆみ NEXT LEVEL
浜崎あゆみ Sunrise ~LOVE is ALL~
浜崎あゆみ July 1st
浜崎あゆみ Ourselves
浜崎あゆみ rainy day
浜崎あゆみ glitter
浜崎あゆみ Greatful Days
浜崎あゆみ fated
浜崎あゆみ For my dear
浜崎あゆみ walking proud
浜崎あゆみ talkin' 2 myself
浜崎あゆみ decision
浜崎あゆみ Pride
浜崎あゆみ (don't)Leave me alone
浜崎あゆみ Together When...
浜崎あゆみ ever free
マイケル・ジャクソン スリラー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・ジャクソン Black or White

PV無料視聴 マイケル・ジャクソン Black or White
1. Black Or White 7 version
2. Black Or White C&C House with guitar radio mix
マイケル・ジャクソン Black or White ブラック・オア・ホワイトは、1991年10月にリリースされたマイケル・ジャクソンのシングル。同年発表のアルバム『デンジャラス』からの先行シングルであった。作詞作曲はマイケル・ジャクソン。ラップ歌詞とギターはBill Bottrellによる。イントロのギター・パートはガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュが担当。15ヶ国以上のチャートで1位獲得。日本ではSONYのCMソングとして起用されたことがある。 ミュージックビデオは監督にジョン・ランディスを起用、マコーレー・カルキンらと競演。クロマキー合成や光学合成を多様した、スムーズな映像の差し替えや、映像のモーフィングをミュージックビデオに積極的に取り入れた。ちなみに、当時は自動でモーフィングさせる技術はまだなく、編集作業はMacintoshを使用して、1コマずつ手で映像を修正している。 ただ、後半のシーン(通称「パンサー・パート」)が暴力的ということで論争となった。マイケルがストリートでガラスをたたき割ったりする描写(ちなみにガラスにはクー・クラックス・クランなどの人種差別団体などの名前や、ナチス党のシンボルのハーケンクロイツが書かれている)があるためだが、マイケル以外には誰も登場せず、特に暴力を肯定しているわけでもないので、マイケルのイメージの問題を別とすれば、当時や現代の基準でも特に問題になるような表現というわけではない。 また、フルバージョンは時間が長い上に、後半部には音楽がないため、テレビ放送などでは、ちょうど楽曲が終わる、様々な人種の表情をモーフィングで繋いだシーンのシークェンスまでを前半部として、これ以降の部分を放送しないことも多い。

マイケル・ジャクソン Black or White コメント投稿

マイケル・ジャクソン Black or White コメントを投稿する

内容:
パスワード:
秘密: 非公開:管理者にだけ表示を許可する書き込み
 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。