マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)

PV無料視聴/PV動画試聴サイト Music Video Clipマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)
PV無料視聴/PV動画試聴サイト Music Video Clip >> マイケル・ジャクソン(Michael Jackson)
浜崎あゆみ End of the World
浜崎あゆみ UNITE!
浜崎あゆみ Mirrorcle World
浜崎あゆみ Duty
浜崎あゆみ Real me
浜崎あゆみ Bold & Delicious
浜崎あゆみ My All
浜崎あゆみ kiss o' kill
浜崎あゆみ GREEN
浜崎あゆみ DAYS
浜崎あゆみ RULE
浜崎あゆみ SPARKLE
浜崎あゆみ Curtain call
浜崎あゆみ NEXT LEVEL
浜崎あゆみ Sunrise ~LOVE is ALL~
浜崎あゆみ July 1st
浜崎あゆみ Ourselves
浜崎あゆみ rainy day
浜崎あゆみ glitter
浜崎あゆみ Greatful Days
浜崎あゆみ fated
浜崎あゆみ For my dear
浜崎あゆみ walking proud
浜崎あゆみ talkin' 2 myself
浜崎あゆみ decision
浜崎あゆみ Pride
浜崎あゆみ (don't)Leave me alone
浜崎あゆみ Together When...
浜崎あゆみ ever free
マイケル・ジャクソン スリラー

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

マイケル・ジャクソン スリラー

PV無料視聴 マイケル・ジャクソン スリラー.
マイケル・ジャクソン スリラー
マイケル・ジャクソン スリラー(原題:Thriller)は、1983年にマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。アメリカのビルボード(Billboard)誌では、1984年3月3日に週間ランキング最高位の第4位を獲得。ビルボード誌1984年年間ランキングは第78位。PVに使われる予算は当時1000万円程度だったのに対し、この楽曲のPVは2億円をかけて作られた。 14分にも及ぶホラー映画風のショートフィルムであり、マイケル本人がスターリング、特殊メイクによるマイケルの狼男やゾンビが話題となった。彼の演技、ダンスがともに高く評価された。なお、監督のジョン・ランディスと特殊メイク担当のリック・ベイカーは、1981年のヒット映画『狼男アメリカン』でのコンビである。また、同映画の音楽を担当したエルマー・バーンスタインの曲もPVに使用されている。 カメラをズームインしながらトラックバック (撮影技法)するというヒッチコック監督のめまいで使われた撮影方法を使い、当時その撮影方法が流行った。 マイケルの相手役を演じたのはオーラ・レイ。このPVの出演料が支払われていないとしてマイケルを非難したが、1997年にマイケルに謝罪した。しかし、結果未払いの出演料を得るために2009年5月6日に告訴するが、それから2ヶ月も経たない6月25日にマイケルが急死した。 当時MTVでは連日オンエアされ、黒人ミュージシャンの映像を流そうとしなかったMTVの暗黙の方針を打開した。 テレビ朝日の深夜番組「タモリ倶楽部」のコーナー「空耳アワー」にこの曲のラップ部分の空耳(「クリトリス 氷 そして ブランデー」)が投稿されている。
スポンサーサイト

マイケル・ジャクソン ビリージーン

PV無料視聴 マイケル・ジャクソン ビリージーン
マイケル・ジャクソン ビリージーン
マイケル・ジャクソン ビリージーン(原題:Billie Jean)は、1983年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。アメリカのビルボード誌では、1983年3月5日に、週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1983年年間ランキングは第4位。アルバム「スリラー」からの第2弾シングル。ムーンウォークを初披露し、「スリラー」の火付け役となったシングル。2008年に台湾の歌手S.H.Eがカバーしたが、中国大陸版アルバムへの収録はなかった。「タモリ倶楽部」のコーナー「空耳アワー」にこの曲の空耳「痔ですママさん アイタタタタ…」が投稿されている。また、「ビリー・ジーン」と言うキーワードはスタート・サムシング(アルバム「スリラー」に収録)にも登場している。1982年のアルバム『スリラー』からの第7弾シングル。この楽曲のヒットにより、この楽曲を収録したアルバムは歴代1位のセールスを獲得した。

マイケル・ジャクソン rock with you

PV無料視聴 マイケル・ジャクソン Bad
1. Rock With You
2. Rock With You (Masters At Work Remix)
マイケル・ジャクソン rock with you 「ロック・ウィズ・ユー」(原題:"Rock with You")は、1979年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。ロッド・テンパートン作曲。 ビルボード誌では、1980年1月19日に、週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1980年年間ランキングは第7位。アルバム『オフ・ザ・ウォール』からのシングル・カット。 2種類のアルバムバージョンが存在する。LP発売初期のオリジナルミックス版とサビ部分にハンドクラッピングを挿入したリミックス版。(シングルはリミックス版の間奏を短縮編集したバージョンが使用されている) ただし日本盤CDアルバムはリマスター版が発売されるまでオリジナルミックス版が収録され続けていた。 1995年にプロデューサーのクインシー・ジョーンズのアルバムQ's Jook Jointでカバーされ、2005年にはアシャンティによってもカバーされている。

マイケル・ジャクソン Bad

PV無料視聴 マイケル・ジャクソン Bad
マイケル・ジャクソン Bad
マイケル・ジャクソン Bad バッド(原題:BAD)は、1987年にマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)が発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。アメリカのビルボード(Billboard)誌では、1987年10月24日に、週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1987年年間ランキングは第51位。アルバム「バッド」からの第2弾シングル。もともとはプリンスとの共演が予定されていた曲だが、二人(マイケルとプリンス)が会席した際に余りにも険悪な雰囲気になってしまったために中止されたという。ちなみに、その際プリンスは自分が参加しなくてもこの曲はヒットすると言ったという。シンセサイザー・ソロは、後にTOTOのメンバーとなるグレッグ・フィリンゲインズが担当。 12インチ・シングルやCDシングルでは、8分に及ぶリミックス・ヴァージョン(Dance Extended Mix Includes 'False Fade')がフィーチャーされた。 ミュージック・ビデオは、マーティン・スコセッシ監督による17分の短編映画として制作された。画面は最初白黒で、途中からカラーとなる。マイケルはダリルという役名で出演し、ロバータ・フラックやウェズリー・スナイプスも出演。DVD『ビデオ・グレイテスト・ヒッツ?ヒストリー』で視聴可。 1988年、アル・ヤンコビックが、この曲のパロディ「Fat」を発表。

マイケル・ジャクソン Black or White

PV無料視聴 マイケル・ジャクソン Black or White
1. Black Or White 7 version
2. Black Or White C&C House with guitar radio mix
マイケル・ジャクソン Black or White ブラック・オア・ホワイトは、1991年10月にリリースされたマイケル・ジャクソンのシングル。同年発表のアルバム『デンジャラス』からの先行シングルであった。作詞作曲はマイケル・ジャクソン。ラップ歌詞とギターはBill Bottrellによる。イントロのギター・パートはガンズ・アンド・ローゼズのスラッシュが担当。15ヶ国以上のチャートで1位獲得。日本ではSONYのCMソングとして起用されたことがある。 ミュージックビデオは監督にジョン・ランディスを起用、マコーレー・カルキンらと競演。クロマキー合成や光学合成を多様した、スムーズな映像の差し替えや、映像のモーフィングをミュージックビデオに積極的に取り入れた。ちなみに、当時は自動でモーフィングさせる技術はまだなく、編集作業はMacintoshを使用して、1コマずつ手で映像を修正している。 ただ、後半のシーン(通称「パンサー・パート」)が暴力的ということで論争となった。マイケルがストリートでガラスをたたき割ったりする描写(ちなみにガラスにはクー・クラックス・クランなどの人種差別団体などの名前や、ナチス党のシンボルのハーケンクロイツが書かれている)があるためだが、マイケル以外には誰も登場せず、特に暴力を肯定しているわけでもないので、マイケルのイメージの問題を別とすれば、当時や現代の基準でも特に問題になるような表現というわけではない。 また、フルバージョンは時間が長い上に、後半部には音楽がないため、テレビ放送などでは、ちょうど楽曲が終わる、様々な人種の表情をモーフィングで繋いだシーンのシークェンスまでを前半部として、これ以降の部分を放送しないことも多い。

マイケル・ジャクソン Beat It

マイケル・ジャクソン Beat It
マイケル・ジャクソン Beat It 今夜はビート・イット (原題:Beat It)は、1983年にマイケル・ジャクソンが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。アメリカのビルボード誌では、1983年4月30日に週間ランキング第1位を獲得。ビルボード誌1983年年間ランキングは第7位。マイケル・ジャクソンの代表曲の1つ。アルバム『スリラー』からの第3弾シングル。エディ・ヴァン・ヘイレン、スティーヴ・ルカサー、ポール・ジャクソン・ジュニアがギターで参加している(ギター・ソロはエディ)。ミュージック・ビデオは、ウエスト・サイド物語をモチーフとしている。 2008年2月に発売された『Thriller 25』(スリラー25周年記念リミテッド・エディション)には、この曲をリミックスしてファーギーのボーカルをフィーチャーした「今夜はビート・イット2008」が収録されている。 アル・ヤンコビックの1984年のヒット曲"Eat It"(邦題:「今夜もイート・イット」)は、ミュージック・ビデオも含めてこの曲のパロディ。 2008年、フォール・アウト・ボーイがこの曲のカヴァーをダウンロード販売(ギター・ソロはジョン・メイヤー)。 1989年の映画『バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2』中で同曲が使用された。

マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー Say, Say, Say

マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー Say, Say, Say
マイケル・ジャクソン&ポール・マッカートニー Say, Say, Say セイ・セイ・セイは、1983年にポール・マッカートニー&マイケル・ジャクソンが発表した楽曲、及び同曲を収録したシングル。2人のデュエット曲である。このビデオではマイケルの姉のラトーヤ・ジャクソンが参加している。 レコーディングは1981年の末。同時に「ザ・マン」もレコーディングされ、2曲ともポールのアルバム『パイプス・オブ・ピース』に収録された。1983年10月3日に先行シングルとして発売された。アメリカのビルボード誌では、1983年12月10日に週間ランキング第1位を獲得。以降、6週間第1位にとどまった。ビルボード誌1983年年間ランキングは第3位。ビルボード誌の集計では、ポール・マッカートニーがビートルズを解散後、自身の最大のヒット曲となり、また、マイケル・ジャクソンにとっても、ジャクソン・ファイヴから独立後、最大のヒット曲となった。 ポールのベストアルバムでは『オール・ザ・ベスト』に収められた。 なお前年(1982年)12月にはマイケルが、アルバムとして歴史上最多売り上げを記録する『スリラー』を発表しているが、この中の「ガール・イズ・マイン」では前述の2曲のお返しの形でポールがレコーディングに参加している。

マイケル・ジャクソン Smooth Criminal

マイケル・ジャクソン Smooth Criminal
マイケル・ジャクソン Smooth Criminal スムーズ・クリミナル(原題:Smooth Criminal)は、1988年にリリースされたマイケル・ジャクソン(Michael Jackson)のシングル。1987年のアルバム『バッド』からのシングル・カットで、『ナンバー・ワンズ』、『アルティメット・コレクション』、『エッセンシャル・マイケル・ジャクソン』にも収録。ビルボード(Billboard)誌では、1989年1月14日に、週間ランキング最高位の第7位を獲得。ビルボード誌1989年年間ランキングでは第98位。スペイン、ベルギー、デンマークでは週間チャート第1位を獲得した。 映画『ムーン・ウォーカー』がショートフィルム。なお、マイケルは、このショートフィルムにおいて45度傾くダンス・パフォーマンス「ゼロ・グラヴィティ」に関して特許を取得している("Methods and Means for Creating Anti Gravity Illusion" US Patent 5255452)。 ツアーでのパフォーマンスでも定番の曲であり、ショートフィルムそのままのダンスと傾きを披露している。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。